ネズミ駆除!被害を防ぐためにできることと駆除方法について解説

ネズミ駆除についての記事です。ネズミによる被害を防ぐためにできることや、駆除の方法について解説しています。ネズミは家に住み着いてしまうとただの害獣です。ただ、頭のいい動物なので、かんたんには駆除できません。ネズミ駆除の際は、駆除業者に依頼するのが得策です。

どんなネズミが駆除の対象?

大阪 ネズミ駆除

ネズミの仲間は、市街地だけではなく、山の中や砂漠まで、さまざまな場所に生息しています。このことは、ネズミの環境に適応する能力が優れていることの表れだともいえるでしょう。
私たちが日本でよく見かけるネズミは3種類です。「クマネズミ」「ドブネズミ」「ハツカネズミ」で、どの種も夜行性で頭が良く、警戒心が強いという特徴を持っています。このネズミが持つ性質は、人間にとって駆除を難しくする要素ですが、さらに問題なのは、繁殖ができるようになるまでの成長スピードが非常に速く、繁殖能力にも優れること。つまり、駆除を行う際はスピードも重視されるのです。

クマネズミ

住宅で問題を起こすことがもっとも多いのはクマネズミです。クマネズミは長いしっぽと大きい耳を持つ、体長20cm前後のネズミです。高いところを好む習性があり、住宅でもビルでも天井裏などに潜り込み、暗くなると運動会のごとく走り回り安眠を妨害します。

ドブネズミ

繁華街や公園、川沿い、排水溝などで見かけることの多いネズミはドブネズミです。体長はやはり20cm前後ですが、多くは太っていて重量感があります。住宅に住み着く場合は、水や食べ残しなどにありつきやすいキッチン周辺を好むようです。性格が凶暴で、泳いで移動することもあります。

ハツカネズミ

普段は屋外で暮らしているハツカネズミは、冬になると住宅に侵入することがあります。小さなネズミで体長は大きくても10cm程度。体が小さいがためにちょっとしたすき間から住宅内に入り込んでしまうため、なかなか駆除が難しい種でもあります。繁殖能力も高いため、すぐに増えてしまうので注意が必要です。

ネズミが住宅に住み着くことで起こる被害について

大阪 ネズミ駆除

ネズミは病原菌を媒介し、衛生面で人間の脅威となる動物です。ネズミが住宅に住み着いてしまうと、そのほかにもさまざまな被害が発生します。ここからは、ネズミにより引き起こされる被害の傾向について考えてみましょう。

健康被害

ネズミは病原菌を媒介するだけではなく、ダニなどの寄生虫も持っているため、とても不潔です。そのまま隠れていてくれればまだよいのですが、ネズミは夜になると走り回ります。これにより、ネズミは病原菌やダニをまき散らすため、屋内に放置されていた食物などにこれらが付着してしまうと、人間が摂取することで食中毒になることがあります。また、ダニはネズミがすむ屋根裏から宅内に広がり、人体に悪影響を及ぼすこともあります。ネズミが媒介する病原菌の中には、かつて世界で猛威を振るったペストを引き起こすペスト菌も含まれているので注意しなければなりません。そのほか、ネズミが天井裏を駆け回ることで生じる不眠症なども、ネズミに端を発する健康被害だといえるでしょう。

経済的損失

ネズミは病原菌やダニをばらまくだけではなく、食べ物も荒らします。キッチンの周辺に放置された食べ物やペットフードなどは、ネズミにとってごちそうです。また、ネズミは家庭菜園の野菜を食べ荒らすこともあります。



ネズミが引き起こす被害はこれだけではありません。ネズミが住宅に住み着くと、そのフン尿により住宅の資産価値が低下してしまうおそれがあります。
また、ネズミにはものをかじる性質があり、配線から建材までさまざまなものをかじってしまいます。これは伸びる歯を研ぐための行為ですが、この行為が火事などの原因になることすらあるので、ネズミは一刻も早く駆除しなくてはなりません。

ネズミから人や家を守るために

大阪 ネズミ駆除

ネズミによる被害が人や家に及ぶことを防ぐには、まず、侵入させないことが重要です。しかし、ネズミはそれでも侵入してくる厄介な害獣であることに違いありません。ネズミによる被害を防ぐために、私たちができることにはどんなことがあるのでしょうか。

まずは侵入対策

ネズミは、ほんの2cmあるかないかのすき間からでも住宅内に侵入します。ネズミの進入経路はさまざまですが、下水や換気扇、エアコンの配管周辺などは要注意の場所です。すき間ができていたり、ネズミがかじって穴を開けられそうな素材の場合は、モルタルや金属板などで補強しましょう。

食べ物を放置しない

キッチン周辺に食材を置いたままにしたり、生ゴミを流しに放置したままにしたりすると、ネズミのエサになってしまいます。食べ物を保管する場所は、ネズミが侵入しないような作りにすることも重要です。

巣作りさせない

ネズミは、ポリ袋や紙などを使って巣を作る習性があります。このような素材のものを放置したり、ゴミ箱のゴミがいっぱいになるまで捨てなかったりすると、ネズミが巣作りに利用してしまうかも知れません。

ネズミ駆除の方法

大阪 ネズミ駆除

住宅内に侵入してしまったネズミは駆除するよりほかありません。ネズミ駆除にはどのような方法があるのでしょうか?

捕まえる

ネズミを粘着シートや捕獲カゴを使って捕まえて駆除します。通常、ネズミがそこで食べていると考えられるものをエサにしてネズミをおびき寄せます。ただ、ネズミは警戒心が強く、頭もいいので、すぐには捕まりません。捕獲できなくてもしばらくはそのままにして、ネズミの警戒心を解く必要があります。粘着シートはネズミが飛び越えてしまうこともあるので、たくさん置くことがポイントです。特に「ラットサイン」と呼ばれるネズミの排泄物や足跡がある場所の周辺に、重点的に配置しましょう。

忌避剤きひざいを使う

忌避剤は、ネズミが嫌がる環境を作りだすための薬剤のことです。スプレーや燻煙タイプのほか、設置するタイプもあります。

スプレータイプは、ネズミの通り道や、出没しそうな場所に前もってスプレーしておくものです。効き目が早く出ますが、効果は長くても数週間程度しか続きません。

燻煙タイプは、狭いすき間まで薬剤が入り込むため、天井裏や床下にいるネズミにも効果があります。ただ、燻蒸中はその場所に人も入れないことに注意が必要です。食物や子どもが使うものなどにはカバーをかけ、燻蒸後はしっかり換気しなければなりません。

毒エサを使う

殺そ剤という毒エサを使ってネズミ駆除する方法もあります。ただし、警戒心の強いネズミは、毒エサを食べないことも多いので、捕獲カゴでネズミを捕らえるときと同様に、数日間は様子を見て、毒エサが置かれている環境に慣らすことも重要です。

超音波や電磁波で駆除

ネズミが嫌う超音波や電磁波を発生する機器を使って、ネズミを追い出すという方法もあります。このシステムは、電気の配線を通じても効力を発揮するため、屋根や壁の裏側にいるネズミにも効果的です。ただし、速効性がある駆除方法ではないため、すぐにネズミを駆除したい場合には向きません。

ネズミ駆除は専門業者に依頼

大阪 ネズミ駆除

粘着シートや忌避剤きひざいなど、ネズミ駆除のためのグッズは市販されているものの、やはりネズミはそれほどかんたんには駆除できません。確実にネズミを駆除するのであれば、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。
専門業者は、ネズミの侵入経路や被害の状況を見ながら、的確な方法で駆除を進めていきます。ネズミによる被害にお困りの方は、害虫・害獣駆除の専門業者に作業を依頼しましょう。